土地売却のポイント

いずれ土地を売却したいという方のためにさまざまな情報を紹介します

土地を高く売るには

電卓多くの方がもっとも気になっているのは「どうすれば土地が高く売れるのか」ということではないでしょうか。できることなら損はしたくないでしょうし、いくら不要な土地とは言えなるべく高値で手放したいと考えるのは普通のことです。土地売却において高く売る方法ですが、まずは対象となる土地の相場を知ることが大切です。相場を知らないと不動産会社にいいように言いくるめられてしまう可能性があります。

不動産会社が土地を直接買い上げる、もしくは仲介する場合でも元となるのは相場です。土地は相場がすべてと言っても過言ではありませんし、相場価格に近い値で取引されることがほとんどと言えるでしょう。売主が相場についてまったく知らない場合だと不動産会社の担当者も足元を見てきますし、少しでも安く買い取ろうとしてきます。そうしたことを回避するためにも相場を知っておく必要があります。

また、土地の査定は複数社に依頼するということも大切です。一社にしか査定を依頼していない場合だと安く見積もられていたとしてもそれに気づくことができません。複数社から査定を受けていれば明らかに安い価格を提示している業者を見抜くことができますから、安く買い叩かれてしまうこともないでしょう。

不動産査定はオンラインで簡単に行うことが出来る

不動産査定を受けようと思っていても、なかなか踏ん切りがつかないということはありませんか。不動産査定をするならば不動産業者でしょうが、一度そこに足を踏み入れたら最後、なんとしても売らなければならないような気分になってしまいます。もちろん、実際の業者はそこまで悪徳ではありませんので、検討はさせてくれます。

ただし、こちらの心境としては、なかなか天秤にかけにくい状況ではあります。そんなときに便利なのが、不動産査定を簡単に行うことが出来るサイトです。その方法は簡単です。

そのサイトを訪問して、入力するだけです。まず、都道府県を選択して、次に市区町村を選択します。次に町名を選択すると、細かい入力フォームに移動します。物件の種別や住所、面積や間取り、そしてこちらの連絡先などを入力します。内容を確認したら、送信をして手続きは完了です。後は、業者から返信のメールが来るのを待っていればいいだけです。これならば、相手の顔を見ないので、情にほだされることもありませんね。

不動産の売却を有利にするコツ

マンション、一戸建て、土地など種類を問わず、不動産を売却するときは、少しでも高く売りたいと思うものです。その際に重要なことは、不動産の価格は何によって決まるのかを知っておくことです。不動産の価格を表すものに、新聞で発表される路線価格や固定資産評価額がありますが、実際の取引に際しては金額が乖離することが多くなります。不動産価格には、ロケーションや日当たりなど環境的な要素や外観・程度など状態も加味されるからです

不動産の売却にも市場原理が働き、需要が多い場合は価格が高くなり、需要が低くなれば価格は下がります。素人では、なかなか判断が難しいので、不動産の価格を知るには不動産業者に査定をしてもらうことになります。時間をかけて処分ができる場合は、買主との間に入って話をまとめてもらう仲介という手段が向いています。すぐに売却をしたい場合は、不動産業者に買取をしてもらうことができますが、売却金額は安くなります。買い取った不動産業者が転売をしないといけないためです。

査定サイトの利用